#Illustrator で選択したアイテムを中央に100%表示する

Adobe Illustrator でデザインをする際、「表示倍率を変更」しますよね。小さいアイテムを編集するときはズームインし、大きなものはズームアウト。そして100% 表示にし実寸で確認。という流れを頻繁に行うと思います。

アートボードの外(ペーストボードで作業)
アートボードの外(ペーストボードで作業)

しかし、Illustratorの アプリケーションメニュー表示100% 表示 を実行すると、「選択されているアートボードを中心に100% 表示」されてしまいます。これが結構厄介でして、アートボードの外(ペーストボード)で細々と作業していた場合、この100% 表示を実行すると、アートボードが中央の表示されてしまい、いままで作業していたアイテムを見失ってしまうのです。

今回は、この問題を解決するスクリプトを作成してみました。

このスクリプトのポイントは、以下の通りです。

  • 選択したアイテムを中央にで100%表示させる。
  • アイテムを選択していない場合は、その場で100%表示させる。

これで、作業していたアイテムを見失うことがなくなると思います。
スクリプトの起動にショートカットキーを割り当ててしまえば、ひとつのショートカットキーで2つの機能を使い分けすることができます。