#Illustrator でフォントを変えるのが面倒くさい

Illustrator で、選択したテキストのフォントを変更する場合、書式メニュー文字パネルコントロール文字をカーソルで操作すると思います。
このフォントを変更する行為って、地味にクリック数が多かったり、やたらと長いプルダウンメニュー(ドロップダウンメニュー)から選択しなければならなかったり、フォントを絞り込むためにフォント名を入力したり… 何かとめんどくさいです。

それらの不満を解消するために、ぼくらは自作のフォント変更スクリプトを導入しています。このスクリプトを使うことで、面倒なドロップダウンメニューを表示せずに、ダイアログでフォントを変更することができます。機能は極めてシンプルですが、いろいろな不満が解消できます。

不満点とともに、スクリプトの機能を軽く説明させていただきます。

プルダウンメニューがとにかく使いづらい

書式メニューや文字パネルなどで導入されているプルダウンメニューって、使いづらくありませんか?

フォントファミリのプルダウンメニュー部分をクリックし、フォントファミリをクリック、そして目的のウェイトをクリック。選択したウェイトが意図した太さではなかった場合、またウェイト部分のプルダウンメニューをクリック…. といった感じに、とりあえずフォントを適用してみてデザイン感を見てみたいだけなのに、何度も何度もクリックしなければなりません。
最近の Illustrator にはフォント名を絞り込んでいく機能が導入されましたが、目的のフォントが決まっていたり、全てのフォント名を把握していない限り、有効的に使うのは難しいんじゃないかと感じています。

プルダウンメニューによるフォントの指定
プルダウンメニューによるフォントの指定

これらを改善するために、フォント変更スクリプトはダイアログウィンドウひとつでフォントを変更できるようにしています。

フォント変更スクリプトのダイアログウィンドウ
フォント変更スクリプトのダイアログウィンドウ

フォントファミリをアルファベット別に分別し、その横にフォントファミリとフォントウェイト、というように3カラムで表示するので、Tab キー と キーだけでフォントを選ぶことが可能です。追記: 2015/12/21 キーによるカラム移動が可能になりました。

選択したテキストのフォントウェイトだけを変えたい

現在選択しているテキストのフォントウェイトだけを変えたい場合も、プルダウンメニューから選ばなければなりません。もうちょっと太くしようかな、いやちょっと太くなりすぎたな〜。などといった微妙なウェイトの変更も、その都度プルダウンメニューから選択する必要が出てきます。

これらの不満点も、フォント変更スクリプトを使うことで改善されます。
目的のテキストを選択しこのスクリプトを実行すると、そのフォントファミリのフォントウェイトが選択された状態でダイアログウィンドウが表示されます。また、フォントウェイトカラムがすでにアクティブになっているので、 キーだけでフォントウェイトを変更することができます。

フォントを変更した状態をプレビューしたい

プルダウンメニューの問題点は、目的の項目を選択するとプルダウンメニューが閉じてしまう。というところにあります。いろいろなフォントでデザインを確認したくても、フォントを選んだ時点でプルダウンメニューが消えてしまいます。その都度プルダウンメニューを開いてフォントを変更して… と繰り返すのは本当に面倒くさいです。

このスクリプトは、ダイアログウィンドウで選択したフォントを、ドキュメント上でリアルタイムに反映してくれます。いろんなフォントで結果を見てみたいときに大活躍してくれます。

ダイアログを開いたままフォントが反映されたものをプレビュー
ダイアログを開いたままフォントが反映されたものをプレビュー

フォントウェイトがバラバラになったり表示されなくなるのをどうにかしたい

Illustrator でフォントを変更していると、たまにフォントウェイトがフォントファミリの外に出てしまったり、フォント自体が表示されなくなってしまうことがあります。何が原因なのかはわかりませんが、そのフォントを探すための無駄な時間を返して欲しくなります。

たぶん、このスクリプトを使えば、そういう問題もなくなると思います。たぶん。というか、このスクリプトを導入してからはそのような不具合に遭遇していません。

フォントが混在した複数のテキストを選択するとフォントパネルに何も表示されないのがもったいない

これはオマケみたいなものですが、フォントが混在したテキストを選択すると、フォントパネルのフォントファミリ部分が何も表示されなくなりますよね。「混在している」という意味では正しい表示なのですが、フォントを変更する目的がある場合は、何か有益な情報を表示して欲しかったりします。

このスクリプトを使用すれば、フォントが混在した複数のテキストを選択した場合、一番前面にあるテキストのフォントを選択した状態でダイアログウィンドウを表示してくれます。選択したテキストのうち一番前面にあるテキストのフォントだけを変えておき、このスクリプトを実行すれば、Retun キーを1回押すだけで全てのフォントを統一することができます。文章で説明するのは難しいので、この辺は使ってみていただければわかると思います。

なんだかんだでプルダウンメニューの文句だらけになってしまいましたが、フォント変更スクリプトは以下のページからダウンロードできます。