マウスへの想い

三階ラボでは Mac と トラックパッド/マウスを使ってデザイン作業を行っています。
トラックパッド操作にも慣れてはいるのですが、いまだにマウスを使った方が圧倒的に作業が速いです(古い人間だからかもしれませんが)。

旧ブログでも紹介したことがあるのですが、ぼくらはキーボードの右側にあるキー(return, delete, , , , など)をマウスのボタンに割り振る、という使い方をしています。テキスト入力以外のデザイン作業を行っているいる間は、マウスから右手を離さなくても済むからです。

キーボード右側のキーをマウスに割り振る
キーボード右側のキーをマウスに割り振る

キーボード右側にあるキー以外にも、頻繁に使うキー(Tab, Shift + Tab, ++, +- など)をマウスに割り当てているため、どうしてもボタンの多いマウスを選ぶ必要が出てきます。最低10ボタンは欲しいのですが、多ボタンマウスの選択肢が非常に少ないのが現状です。あったとしてもゲームに最適化されていて、ユーティリティソフトで自由にカスタマイズできなかったりするのです。

さらに多ボタンマウスとなると、マウス自体が大きくなってしまうのも難点です。デザイン作業のようなマウスを頻繁に動かす操作の場合、大きなマウスを手のひら全体で覆うように使ってしまうと、感覚的に操作ができなくなってしまいます。できればマウスを指でつまんでクイックイッと動かせるサイズが理想です。

マウスを指先でつまめる大きさ
マウスを指先でつまめる大きさ

上記のような条件でいろいろなマウスを購入して試してみましたが、比較的理想に近いマウスを販売してくれているのがロジクールです。中でも、VX-R という機種が一番使いやすかったのですが、残念ながらもう販売されていません… 現在購入可能なマウスの中では G700s がなかなか良い感じです。現在も G700s をメインで使用しています。ちょっと大きすぎたりバッテリーの消耗が速かったりプリントされたデザインがアレだったりしますが。プリントされたデザインがアレだったりしますが!

で、ロジクールのマウスは比較的ステキなのですが、とにかく頻繁に壊れるんです。マウス内部のメモリがおかしくなったり、ボタンがチャタリングをおこしたり物理的に壊れたり。最初のうちは修理に出してたのですが、その手間が面倒になり挙動がおかしくなったらすぐ買い替え。壊れかけのマウスが増える一方です。

壊れかけのマウス
壊れかけのマウス

もう、自分たちでマウスを作っちゃえって感じですが、弊社にはそんな余力はありません…
マウスを作られてるメーカー様。マウスのアイデアはあるので一緒に開発していただけませんでしょうか…